【新会場】松花堂庭園

 ※コスプレ女性限定

( 京都府八幡市/京阪本線【樟葉】駅下車 )  

2017年 2月 5日(日) 

9:30-15:30 

 長きにわたり江戸時代の中でも優れた芸術文化を生み出した寛永の時代に数々の一流文化を生み出した社僧・松花堂昭乗のゆかりの庭園。かの有名な『松花堂弁当』の発祥地でもあり、名勝とうたわれる庭園にてついにコスプレが実現!

 竹林に日本庭園、そのまま歩いて散策するだけでも価値がありますが、和風コスにはたまらないロケーションでもあり、また写真撮影が趣味の方ならぜひともカメラに収めたい景色が絵画のように奥深く

続いております。

 アクセスも京阪樟葉駅・八幡駅またはJR松井山手駅からはバスも出ております☆

参加料:¥1,500(コスプレ・カメラ共)

※開始・終了時間が他会場より少し早めになっております

※コスプレは更衣室の関係上女性限定とさせていただきます

※カメラ撮影は男女とも可

美術館別館
美術館別館

 会場基準●オープン会場

【受付】 庭園受付内にて行います

【更衣室】
 美術館別館2階 ギャラリー(※女子更衣室のみ)

【休憩室】 

 美術館別館1階 会議室

【撮影可能範囲】

 外園・内園・椿園

・美術館およびミュージアムショップ、『吉兆』へはコスプレ衣装での入室はできません。

松花堂といえば…

 お弁当の代名詞ともいえる『松花堂弁当』を思い浮かべる人も多いですね。

 約400年前、当時松花堂昭乗(1582-1639)は同じ八幡市に位置する石清水八幡宮で瀧本坊の住職を務めておりました。

 昭乗は農家の種入れとして使われていた田の字型に仕切った箱をいくつも手元に置き、茶会で使用する煙草盆や絵の具箱や薬箱として使用し、ご満悦であったと伝えられております。

写真は『吉兆』の松花堂弁当
写真は『吉兆』の松花堂弁当

時代は流れ昭和初期。日本料理『吉兆』の創始者が松花堂の地を訪れた際昭乗遺愛の「四つ切り箱」に興味を示し、この十字に仕切られた空間にそれぞれ煮物や焼き物、お造り、ご飯などの食材同士の味や香りが混ざらないよう美しく盛り付け、さらに蓋をかぶせて茶会の点心等にだされました

 こうして作られた弁当は、四つ切り箱を好んだ昭乗に敬意をはらって「松花堂弁当」と名付けられ、同様のスタイルの弁当が「松花堂弁当」の名称で世に広まり、今日に至っています。

 

松花堂庭園・美術館

京都府八幡市八幡女郎花43

Tel: 075-981-0010

【交通】

・京阪本線『樟葉』駅及び『八幡』駅、

 またはJR学研都市線『松井山手』駅より

 京阪バス『大芝・松花堂前』停下車

 

・駐車場はございますが、数に限りがございます。

なるべく公共の交通機関をご利用ください。


(目印) 左上側:松花堂庭園・美術館 右下:サークルK八幡月夜田店

サークルK八幡月夜田店 (松花堂庭園より南東へ)

京都府八市八幡月夜田91  075-983-6001

松花堂庭園の斜め向かいにあり買い出しにも便利です♪